運転指導員として働くことについて

運転指導員とは、指定教習所における指定自動車教習所指導員のことを言い、合宿免許で免許を取得したい人でも、通学で免許を取得したい人でもその資格を所持している人に指導を受ける必要があります。
これは本来なら、都道府県の警察の組織の一部でもある公安委員会が担当すべきことですが、指定を受けた自動車教習所が代わりに行うことで成り立っています。
実際に指定自動車教習所指導員になるためには国家資格でもありますので、それに対する資格を取得する必要性があります。
なお指定自動車教習所で働く上には、2つの要員のいずれかになる必要があります。
一つは学科教習や技能教習を行う教習指導員、そして技能検定を担当する技能検定員の存在があります。
これらは、別々の資格ですが、共に兼務することも可能です。
指定教習所には必ずそれぞれの教習指導員と技能検定員がいなければならないこととなっています。
なお以前の教習指導員は、学科と技能の二つに分かれていましたが、道路交通法の改正によって学科と技能を併せた教習指導員と統合されました。
教習指導員は、受験資格が21歳以上であり当然ながら受審する免許を所持していて、審査方法としては、筆記による方法と運転技能による方法、面接の三つで審査されます。
技能検定員については、受験資格が25歳以上で受審する免許を所持していることです。
審査項目が運転技能試験、論文試験、採点技能試験、面接試験です。
審査内容によっては、前期の教習指導員の受験内容と重複している部分は免除されることとなりますので、教習指導員になった方が、いずれは技能検定員になる流れとなります。
なお指定自動車教習所指導員の待遇については、みなし公務員との兼ね合いも合って、給与自体はそれほど高くないと言われています。
ただ何よりも自動車が好きで、人にドライブの楽しさや怖さを教える点においては、やりがいも感じられる点はあります。
また最近は、女性の指導員も増えていますので、男性中心だった職場も女性が活躍できる環境も整っています。
女性も男性よりも同じ女性に教授して貰いたい需要もあったり、男性も女性に優しく教えて貰いたいといった希望もあったりですので、女性の活躍分野は広がっていくことでしょう。